生酵素サプリの全てを知るなら|酵素のナレッジ

酵素のナレッジは、
「生酵素サプリを飲んでみたいけど、たくさん商品があってどれを選べばよいかわからない」

 

「酵素ドリンクとサプリメントで迷っているけどどっちが良いの?」

 

といった悩みをお持ちの方の為に作ったサイトです。

 

特に、初めて生酵素サプリや酵素ダイエットを試してみようという方にはぜひ知っておいて頂きたい基礎知識もまとめました。

 

また、生酵素サプリの正しい利用方法についてもまとめました。

 

酵素とは何?酵素の基礎知識をまとめました

酵素を端的に表すならば「触媒作用のあるたんぱく質」ということになります。私たちが生きていく為には当然栄養が必要です。炭水化物、脂肪、たんぱく質、食物繊維、補酵素とも呼ばれるビタミン、ミネラルなどなど。

 

ただ、たんぱく質の一種である酵素は特別な存在です。ただの栄養素というよりはあらゆる生物の生命維持に欠かせないものです。

 

酵素がなくなったり、働かなくなってしまうと私たちは生きていくことすらできません。それくらい大切なのが酵素です。

 

現在私たちの体内に存在する酵素の種類は5,000種類ほどとされていますが、まだまだ発見されていない酵素もあると言われています。

 

酵素の特徴として挙げられる点がいくつかあります。

 

触媒として作用する
先程も申しあげたように、酵素は触媒として作用します。私たちは酵素の引き起こす化学反応によって生きていると言っても過言ではありません。

 

例えば、私たちが食べた食べ物を消化したり、栄養素を分解するのにも酵素は欠かせません。もちろん呼吸をしたり歩いたり睡眠をとること全ての生命活動に酵素が関わります。

 

酵素反応は基質特異的
しかし、一つの酵素が万能な働きをするわけではありません。酵素は基質特異性があり、例えば、たんぱく質を分解する酵素はたんぱく質を分解することはできますが、それ以外の働きをすることはありません。

 

熱に弱く失活する
これは有名な話ですが、酵素は熱や酸に弱く、酵素が良く活躍できる温度は概ね摂氏35度から40度と言われています。

 

また、体内にある多くの酵素は中性を好みます。極端にアルカリ性だったり酸性に偏ったPHでは失活します。

 

中性の値がPH7ですが、例えば血液のpH値の正常範囲は7.35〜7.45。ですから、酵素自体もこの範囲内で最も良く働くようになっています。

 

しかし例外も存在します。例えばたんぱく質分解酵素であるペプシンはPH2という強い酸性の中で最も働くことができます。これは、胃の中でたんぱく質を分解する為です。本当に良くできていますよね。

 

酵素にはどんな種類があるの?

酵素は基質特異性を持ち、一つの酵素は一つの働きしか担いません。

 

酵素の種類はとってもたくさんありますが、ざっくり大別することはできます。大別してもちょっと複雑なので一つ一つ解説します。

 

代謝酵素と消化酵素
ヒトの体内で作り出せる酵素はこの二種類だけです。

 

私たちが一生のうちに作り出せるこれらの酵素の量は遺伝子で決められていると言われています。そして、このふたつを併せ潜在酵素と呼んでいます。

 

また、潜在酵素は年齢によっても影響を受けます。年齢によって1年間に作り出せる酵素の量が決まっています。

 

しかし、例えば一生のうちに作り出せる潜在酵素の量が決まっているとか、消化酵素の働きを食物酵素で補って代謝酵素に回すと言った考え方には一部懐疑的な側面も事実あります。

 

これらの考え方は酵素栄養学と呼ばれる理論が基礎になっており、エドワードハウエルという人が提唱しました。

 

酵素栄養学のエビデンスはまだまだ研究途上ではありますが、加齢によって酵素を生み出す能力や酵素活性が低下することはわかっています。

 

一方の消化酵素の代表的なものが、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼです。アミラーゼはでんぷんをブドウ糖に分解します。プロテアーゼはたんぱく質をアミノ酸に、リパーゼは脂肪を脂肪酸に分解します。

 

このように消化酵素もひとつひとつ働きが異なります。その他にも糖質関連酵素として乳糖をグルコースとガラクトースに分解するラクターゼなど様々な種類があります。

 

一方の代謝酵素は、名前の通り私たちの身体の代謝を助けてくれる酵素です。身体の細胞を作ることも、呼吸や運動にも関わっています。

 

汗や尿と言ったかたちで身体の中の不要なものを排出する働きも担っています。

 

外から補うしかないのが食物酵素
そして、私たちが体外から補うしかない酵素が、食物酵素です。食物酵素は生の果物や野菜、発酵食品に多く含まれています。食物酵素は食品の消化を助ける働きをします。

 

生酵素と普通の酵素は何が違うの?

生酵素サプリという言葉の「生」とは、何か特別な酵素であるわけではありません。これは、普通の食物酵素=生の酵素 ということであり、その言葉の意味は「加熱」「非加熱」にあります。

 

巷の酵素ドリンクやサプリメントには加熱処理を加えたものが多く存在し、加熱処理によって酵素が失活してしまっている商品も少なからず存在します。

 

その為、工夫を凝らして非加熱で製造しているメーカーはこうした加熱処理をしているメーカーと差別化する為に「生」であることを強調しているとも言えます。

 

副作用はないの?

生酵素サプリを飲んだ人の口コミを見ていると、お腹が緩くなったとか肌荒れが出たとか発赤が出たというものをたまに見かけます。

 

良く、サプリメントは食品なので副作用は出ませんと紹介している所がありますが、これは全くの間違いです。食品の場合も副作用と言える反応を引き起こす場合があります。

 

それが食物アレルギーです。特に生酵素には植物発酵エキスに加え乳酸菌など様々な原材料を使用していますから、食物アレルギーには慎重になるべきです。

 

初めて飲んだ時に少しでも異変を感じた場合はすぐに飲むのを中止し、場合によってはかかりつけのお医者さんの指示を仰いでください。

 

また、好転反応という言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃると思いますが、西洋医学には好転反応の概念がそもそもありません。

 

サプリを飲んでみて、いつもと違う反応が出た場合に、それは好転反応だからと我慢をすることには懐疑的ですし私は反対です。

 

漢方治療等の東洋医学ではお医者さんの口からも好転反応という言葉は出ますが、そのような反応が出るくらいの成分であるならば、やはり医師の指示を仰ぐべきと私は考えています。